スポンサーリンク

iPhone XのTrueDepthカメラシステムは、Androidメーカーより2年半リードしている

Apple関連の正確な予想で知られるKGI証券のアナリスト Ming-Chi Kuo氏は、投資家向けにiPhone Xの2017年内の出荷台数予想や2018~2019年の業績予想を新たに公表した。

 

スポンサーリンク

年内出荷台数はさらに厳しい状況に

Kuo氏はこれまで、iPhone Xの年内出荷台数を4000万台としていたが、今回の報告では3,000~3,500万台に下方修正した。iPhone Xに新たに搭載されるTrueDepthカメラの製造が非常に難しく、製造の遅延を引き起こしていると言われている。それが初期出荷台数にも大きく影響を及ぼしているようだ。

しかし、このTrueDepthカメラシステムによって実現する「Face ID」顔認識機能やアニ文字などの高度な顔分析やトラッキング機能は、今後数年間の成長の要となりそうだ。TrueDepthカメラは競合メーカーよりも技術的に大きくリードしており、今後数年間のハイエンドスマートフォン市場におけるiPhoneの成長見通しは依然として明るいと強気な見通しを示している。

 

3D顔認識機能の実現に2年半は必要

Kuo氏によると、Androidを搭載する競合スマートフォンメーカーがTrueDepthカメラシステムを実現するのに、2年半はかかるだろうと語った。前回の報告では、実現に1~2年としていたが、Appleのテクニカルデモが明らかになった今、さらに時間が必要との考えに至ったようだ。

SamsungやGoogleなどの競合メーカーも、TrueDepthカメラのようなシステムを開発するためには、製造上の問題を克服しなければならない。SamsungはGalaxy S8に顔認証機能を搭載しているが、2次元解析のため写真でも簡単にロック解除ができ、安全性で大きく劣っている。

今後のiPhoneでもFace IDが搭載されるかどうかは不透明だが、ユーザーに受け入れられるか否かで採用を判断するとKuo氏は以前述べている。

 

Source:MacRumors

スポンサーリンク