スポンサーリンク

OnePlus、ユーザーの個人情報収集を認め、10月末までに停止を表明

先日、デバイスのデータや個人情報を収集し、外部サーバーに送信していたことが明らかとなった中国のスマートフォンメーカー OnePlus。同社の共同設立者のCarl Pie氏はOnePlus公式フォーラムにて、デバイスのデータやユーザーの個人情報の収集を認めた上で、この問題に関する声明を発表した。

 

スポンサーリンク

ユーザーサポート向上が目的

同社は、収集した個人情報は外部とは共有しておらず、製品とユーザーサービスの改善が目的であることを強調した。

「OxygenOSデバイスでは、ユーザーの利用状況の分析とデバイス情報を2つの異なる方法で安全に送信している」と述べ、「デバイスの情報を収集・分析することでOxygenOSを最適化し、操作性を向上させるのが目的」と説明する。

また、ユーザーはいつでも「Settings > Advanced > Join user experience program」から、利用状況の収集を無効にすることができるという。しかし、ユーザーサポート向上の観点から、デバイス情報の収集は無効にはできないとしている。

 

10月末までにアップデートを実施

良い情報として、同社は、OxygenOSを搭載するOnePlusデバイスに、以下の修正を加えたアップデートを用意することを明らかにした。

  • セットアップウィザードでユーザーエクスペリエンスプログラムへの参加するか否かを選択できるようにする
  • ユーザーの利用状況を収集・分析することを明示する
  • サービス利用規約を改訂し、データ収集についての記載を追加する
  • 電話番号、MACアドレス、Wi-Fi情報の収集を停止する

アップデートは10月末までに提供される予定。

 

Source:OnePlus via PhoneArena

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

OnePlusOnePlus

Posted by emon