スポンサーリンク

OnePlusのスマホ、ユーザーの個人情報を収集し、無断で送信していることが判明

イギリスでセキュリティ関連のブログを運営する Christopher Moore氏は、中国のスマートフォンメーカー OnePlusのスマートフォンが個人情報を収集し、データを無断で送信しているとの記事を公開し波紋を呼んでいる。

 

スポンサーリンク

デバイスやユーザー情報を勝手に送信

Moore氏は、自身が保有するOnePlusのスマートフォン「OnePlus 2」に、不審なドメインが頻繁にアクセスしていることに気づき、調査を開始。その結果、OnePlusが保有するHTTPSドメインがデバイスやユーザーのデータを勝手に収集し、Amazon AWSに送信していることを突き止めた。

OnePlusドメインがアクセスしているデータは多岐にわたり、デバイスのIMEI、シリアル番号、携帯電話番号、MACアドレス、モバイルネットワーク名、IMSI、無線LANのESS-ID、BSS-IDなどのデバイス情報から、デバイスの再起動や充電情報、画面やアプリの使用記録などのユーザー情報も含まれる。

データ収集アプリは「OnePlus Device Manager」と「OnePlus Device Manager Provider」の2つで、幸いにもADBコマンドを使用することで無効化することができるという。

 

データ収集を正当化

Moore氏はこの件をOnePlusに問い合わせたところ、データ収集を認め「ユーザーサポートのためにデータを収集しているが、プライバシーへの配慮が欠けていた」とコメントしたという。またユーザーの個人情報を無断で収集した理由については、満足のいく説明はなされなかったという。

Androidスマートフォンは、たびたび個人情報の無断データ収集が問題になっているが、OnePlusはこれを大きな問題とは捕らえておらず、個人情報収集を正当化しているようだ。この問題は、同社のブランドイメージに大きなダメージを与える可能性がありそうだ。

 

Source:Christopher Moore via AndroidAuthority

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

OnePlusOnePlus

Posted by emon