スポンサーリンク

OPPO、R11Sを11月2日に発表。ベンチマークからスペックも明らかに

OPPOは新たなティザー画像を公開し、11月2日に北京で発表イベントを開催し、新スマートフォン「OPPO R11S」を発表すると明らかにした。R11Sは今年初頭に発表された「OPPO R11」の後継モデルにあたる。

 

スポンサーリンク

ティザー画像で性能をアピール

先週には中国の9つのランドマークを背景にしたティザー画像を公開し、「フルスクリーンの有効活用」「高速化したColorOS」「20MPデュアルカメラ」「鮮明なポートレート写真」「美しい夜景写真」など、R11Sの特徴をアピールしている。

 

最新トレンドを取り入れたミッドレンジスマホ

OPPO R11Sについては、昨日AnTuTuベンチマークに登場し、スペックの一部が明らかになった。アスペクト比18:9 フルHD+(2160 x 1080)6インチディスプレイを搭載し、最近のスマートフォンのトレンドを取り入れるようだ。プロセッサにはQualcommのハイクラスミッドレンジ Snapdragon 660チップ、4GB RAM、64GBストレージを搭載するミッドレンジモデルとなる。

メインカメラには20MPセンサーと16MPセンサーをもつデュアルカメラが搭載される見込み。またフロントカメラには20MPセンサーのシングルカメラが搭載。OSにはAndroid 7.1.1 NougatとOPPOのカスタムUI「ColorOS」がプリインストールされる。

また、R11Sには上位モデルとなる「R11S Plus」が存在し、Snapdragon 835、6GB RAMと4,000mAhの大容量バッテリーを搭載するハイエンドモデルになると噂されている。

 

Source:weibo , GizmoChina(1) , (2) , (3)

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう