スポンサーリンク

Qualcomm、Snapdragon 845を12月上旬に発表か

QualcommはハイエンドプロセッサSnapdragon 835の後継チップとして、Snapdragon 845を開発しているといわれている。Snapdragon 835は2017年1月のCES 2017で公式に発表されたが、Snapdragon 845はそれよりも早く発表される可能性が示唆されている。

 

スポンサーリンク

12月上旬に発表か

中国のリーカー IceUniverseは中国のSNS WeiboにQualcommの招待状をリークした。それによると、Qualcommは12月4~8日にハワイ・マウイ島でSnapdragonテクノロジーサミットを開催し、その会期中にSnapdragon 845を発表すると主張している。Snapdragon 835よりも1ヶ月早い発表になるようだ。

 

25%~30%の性能向上

これまでの情報から、Snapdragon 845はSnapdragonと同じくSamsungの10nm LPEプロセスで製造され、CPUには「Coretex A75」をカスタムした新Kryoプロセッサが搭載されるオクタコアプロセッサになる模様。GPUにはから大幅なグラフィック性能の向上が図られた「adreno 630」を統合。モデムにはカテゴリ18に対応する「Snapdragon X20」を組み込むことで、下り最大1.2Gbpsの通信速度を実現する。

ベンチマークの情報では、Snapdragon 835からシングルコアで約26%、マルチコアで約30%の性能向上が見られたという。

Snapdragon 845を搭載するデバイスは2018年第1四半期に発表される予定で、Samsungの「Galaxy S9/S9+」にいち早く搭載されるとみられる。

 

Source:Weibo via GSMArena

スポンサーリンク