スポンサーリンク

Samsung、Galaxy Note 9にディスプレイ統合型指紋センサーを搭載か

Apple関連の予測で知られるKGI証券のアナリスト Ming-Chi Kuo氏は、新たに公開した投資家向けレポートで、Samsungが2018年後半にリリースするであろう「Galaxy Note 9」に、ディスプレイ統合型指紋センサーが搭載される可能性があると報告した。

 

スポンサーリンク

すでにサンプルを出荷

Samsungはすでにいくつかのサプライヤーからサンプルの提供を受け、テストを進めているとみられる。Kuo氏によると、この技術を実現するサプライヤーとして韓国BeyondEyes、Samsungの子会社であるSamsung LSIの2社が有力とみられる。また現在Samsungに指紋センサーを供給している台湾Egisもサプライヤー候補に挙がっている可能性があるという。

Samsungが開発した技術は、有機ELパネルの光源が指紋センサーの光源としても使用できるため、バッテリーの消費を抑えることができるという。

 

高度な顔認証までのつなぎ?

Samsungは2018年のNote 9でこの技術を目玉機能として発表するかもしれないが、Appleが高度な顔認証技術を採用したことで、今後の生体認証は顔認証技術に大きくシフトしていく可能性が高いとみられる。

Samsungも現在「Galaxy S8/S8+」や「Galaxy Note 8」に顔認証機能を搭載しているが、2D認識のため写真でもロック解除ができるほど、セキュリティーが弱いものであると指摘されている。一方、AppleのFace IDは顔を3次元的に認識することができるTrueDepthカメラによって、高度なセキュリティーを実現している。

Kuo氏は以前の報告で、AppleのFace ID技術は他社よりも2年半リードしていると報告しており、Samsungがこの顔認証技術を開発は容易ではないと考えられる。そのため、このディスプレイ統合型指紋センサー技術は高度な顔認証技術を実現するまでのつなぎとなるかもしれない。

 

Source:Business Insider

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう