スポンサーリンク

Samsung、Galaxy S9に3Dセンサー内蔵フロントカメラを搭載か ー 顔認証を改善?

Samsungの今年のフラグシップモデル「Galaxy S8/S8+」と「Galaxy Note 8」には生体認証機能として指紋認証のほか、虹彩認証と顔認証が搭載されている。しかし、顔認証機能は2Dによる認識のため、写真でもロック解除できたという事例が報告され、セキュリティーの甘さが露呈している。

しかし、2018年のフラグシップモデルでは顔認証機能が大幅に改善されるかもしれない。中国のリーカーが、Samsungの来年のフラグシップモデルには3Dセンサーが搭載されると主張している。

 

スポンサーリンク

3D顔認識機能を実現か?

中国のリーカー IceUniverseによると、Samsungが来年初頭にも発売する予定の「Galaxy S9/S9+」には3Dセンサーを内蔵するフロントカメラが搭載されるとツイートした。これにより、より高度な顔認識が可能になり、安全性の強化と認識スピードの向上が期待される。

この技術は、Appleが「iPhone X」に導入したTrueDepthカメラシステムのようなものと思われる。しかし、AppleのTrueDepthカメラシステムは、生産の難しさと歩留まり率の低さから、iPhone Xの量産に大幅な遅れを引き起こした要因ともされている。SamsungがGalaxy S9に搭載する場合、この問題を解決する必要があるだろう。

一方で、Androidメーカーがこの機能を実現するには大幅な時間を要するといった意見もある。Apple関連の予測で知られるKGI証券のアナリスト Ming-Chi Kuo氏は、Appleはこの分野で大きく先行しており、競合メーカーがAppeに追いつくには2年半は要するだろうと報告している。

本当にSamsungがこの技術を実現したのか、今後の情報が待たれる。

 

Source:IceUniverse via SamMobile

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう