スポンサーリンク

Samsung、Galaxy S9でフロント指紋センサーを復活?

2016年のGalaxyまでは前面のボトムベゼルに指紋センサーを配置していた。それはホームボタンも兼ねた、とてもシンプルで操作性の優れたものだった。2017年のGalaxy S8/S8+では、縦長ディスプレイとベゼルレスデザインの採用に伴い、背面に移動されたのは周知の通りだ。

しかし、その移動した指紋センサーの位置については賛否あり、必ずしも操作しやすい位置ではない。残念なことにGalaxy S9でも同様の配置になると予想されている。しかし、最近公開された特許は、指紋センサーの位置について第3の選択肢を示唆している。

 

スポンサーリンク

画面下の切り欠きに指紋センサーを配置

韓国特許技術情報センター(KIPRIS)が公開した新たな資料から、Galaxyの指紋センサーの位置に新たな可能性が示唆された。これはディスプレイ下に「ノッチ」という独自の切り欠きを配置するようだ。

資料によると、ディスプレイ下部に「Essential Phone」や「AQUOS S2」ような「切り欠き」のあるデザインが示されている。これにより、太いベゼルを必要とせず前面に指紋センサーを配置することが可能となる。Galaxy S8やNote 8と比較するとそれほど美しくはないが、多くの人がこの位置の指紋センサーを歓迎するだろう。

 

現実には実装されない?

だが、これを現実に見ることは期待できないだろうと予測される。というのも、この特許は2016年4月に出願されており、Samsungは今年のGalaxy S8やNote 8に搭載することも可能だった。しかしそれを行わなかった。それは「Infinity Display」の大画面を損なうと判断したからだろう。

 

Source:KIPRIS via Galaxy Club

スポンサーリンク