スポンサーリンク

シャープ、3辺をベゼルレス化した「AQUOS R compact」を今冬発売

シャープは10月13日、同社のフラグシップスマートフォン「AQUOS R」シリーズに、コンパクトモデルとなる「AQUOS R compact」を加え、2017年冬モデルに投入すると発表した。

AQUOS R compactは、同社がこれまで取り組んでいたベゼルレスデザイン「EDGEST」を進化させ、上左右の3辺のベゼルをさらに狭小化した「EDGEST fit」デザインを取り入れたのが特徴。

 

スポンサーリンク

シャープの液晶技術を結集

ディスプレイにはシャープ独自の技術「IGZOフリーフォームディスプレイ」を採用し、4.9インチのディスプレイサイズながら、4.7インチスマートフォンと同等となる幅66mmのコンパクトサイズを実現。加えて、120MHz駆動を実現する「ハイスピードIGZO液晶ディスプレイ」を搭載することで、動画や画面スクロール時の残像を低減する。

解像度はHDの4倍となる高精細フルHD+(2032 x 1080)、さらに同社の液晶テレビAQUOSの高画質化技術「リッチカラーテクノロジー モバイル」とHDR相当の色表現を実現する「バーチャルHDR」採用により、きめ細やかで色鮮やかな表示を可能とした。

ディスプレイの上部に配置される切り欠きにはフロントカメラを搭載。そのデザインは「Essential Phone」や「AQUOS S2」を彷彿とさせる。プロセッサにはSDM660、RAMは3GB、ストレージ容量に32GBを搭載するミッドレンジモデルとなる。

 

Source:シャープ via ケータイWatch

スポンサーリンク