スポンサーリンク

ソフトバンク、2017-2018年冬春モデル Xperia XZ1、AQUOS R compactなど発表

ソフトバンクは10月17日、2017-2018年の冬春モデルとなるスマートフォン「Xperia XZ1」「AQUOS R compact」、タブレットデバイス「MediaPad M3 Lite s」、フィーチャーフォン「DIGNOケータイ2」の4モデルを発表した。11月上旬以降順次発売する。

 

スポンサーリンク

Xperia XZ1

Xperia XZ1は、ソニーが8月末に発表したフラグシップスマートフォン。Snapdragon 835、4GB RAM、64GBストレージを搭載するハイエンドモデル。ディスプレイには約5.2インチ フルHDトリルミナスディスプレイを搭載。明るさや色域表現を大幅に向上したHDRをサポート。YouTubeやNetflixなどのHDR対応コンテンツで、より自然でリアルな映像を楽しめる。

ソニーの特徴であるカメラ機能には、メモリー積層型イメージセンサー「Exmor RS for mobile」を搭載したMotion Eyeカメラシステムを採用。最大960fpsの「スーパースローモーション」や、被写体の動きを検出し自動で一時的に画像を保存する「先読み撮影」を搭載。

 

AQUOS R compact

AQUOS R compactはシャープが10月中旬に発表した「AQUOS R」の小型モデル。シャープの「IGZOフリーフォームディスプレイ」技術により、上左右のベゼルを極限まで狭くした新デザイン「EDGEST fit」を採用。これにより、4.9インチディスプレイを搭載しながらも、4.7インチスマートフォンクラスのボディサイズを実現。

メインカメラには広角撮影に対応した約16MPのカメラを搭載。位相差AFとコントラストAFを組み合わせた「ハイブリットAF」を採用する。プロセッサにはSDM660オクタコアチップ、3GB RAM、32GBを搭載するミッドレンジモデル。OSにはAndroidの最新バージョン「Android 8.0 Oreo」をプリインストールする。

 

MediaPad M3 Lite s

MediaPad M3 Lite sはファーウェイ製のタブレットデバイス。プロセッサには、Snapdragon 435 オクタコアチップ、2GB RAM、16GBストレージ、Android 7.0 Nougatを搭載するエントリーモデルとなる。

約8インチのWUXGA(1920 x 1200)液晶ディスプレイを搭載。Huawei独自の画像最適化技術「Color Plus」により、映像を美しく鮮明に表示する。また、オーディオにはHuawei独自のサラウンド技術「SWS 3.0」と本体に内蔵された2つのスピーカーにより、立体的なサウンドを提供する。

 

DIGNOケータイ2

DIGNOケータイ2は京セラ製のフィーチャーフォン。IPX5/IPX8の防水性能とIP5Xの防塵性能をサポートし、さらに米国防総省のMIL-STD-810G規格に準拠した耐衝撃性能を併せ持つ。また1週間以上のバッテリー持ちを実現する1,700mAhのバッテリーを搭載。加えてバッテリーの劣化を防ぐ「バッテリーケアモード」により長期間の利用を可能とする。

人気のSNSアプリ「LINE」を標準搭載。またFM、AMラジオ機能を搭載しどこでもラジオを楽しむことができる。メインディスプレイには約3.4インチのWVGA(854 x 480)TFT液晶、サブには約0.9インチの有機ELを搭載。カメラには8MPのCMOSセンサーを搭載する。

 

Source:ソフトバンク

スポンサーリンク