スポンサーリンク

iMac ProにA10 Fusionチップを搭載か ー 「Hey,Siri」を常時利用可能に

Appleは6月に開かれたWWDCにおいて、Intel Xeonプロセッサを搭載するワークステーションクラスの性能を持つハイパフォーマンスMac「iMac Pro」を年内にリリースすると発表した。

新たな情報として、そのiMac ProにAppleのカスタムプロセッサ「Aチップ」が搭載され、「Hey,Siri」が利用可能になることが明らかとなった。

 

スポンサーリンク

iMac Proで「Hey,Siri」が可能に

開発者Johnathan Levin氏、Steve Troughton-Smith氏、Guilherme Rambo氏らは、MacBook ProのTouch Barを制御する「BridgeOS 2.0」を解析した結果、iMac Proに512GBの大容量メモリと「A10 Fusion」チップが搭載されていることを発見した。

Troughton-Smith氏によると、このA10 FusionチップはiMac Proの起動プロセスとセキュリティを管理し、加えて「Hey,Siri」機能のサポートにより音声でSiriを起動することが可能になる。また、この「Hey,Siri」は常時利用が可能で、iMac Proがシャットダウンしていても動作するという。

Rambo氏は「Hey,Siri」セットアッププロセスと、BridgeOSのブートチャイムをTwitterで公開している。

https://twitter.com/_inside/status/932001761920978944

 

今後ARMチップを積極導入か

MacにARMベースのチップが搭載されるとの噂はこれまでも囁かれており、昨年、MacBook ProにTouch Barを制御するため、ARMベースの「T1」チップが搭載されたことで現実味を帯びた。2月には、AppleがARMベースの「T310」カスタムチップを開発中で、Macに搭載することで低電力タスクを処理を担当するとBloombergが報じた。

また、6月にはPike’s UniversumがiMac ProにARMベースのコプロセッサが搭載され、Secure Enclaveが追加されると報告していた。

 

Source:9to5Mac , MacRumors

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう