スポンサーリンク

Huawei、Honor V10を11月28日に中国で発表 ー Kirin 970の搭載が明らかに

Huaweiは12月5日に英国ロンドンでイベントを開催し、Honorの新モデルを発表することをすでに明らかにしている。同イベントではハイエンドモデル「V10」を発表すると期待されている。しかし、Huaweiの本拠地・中国ではそれに先駆けてHonor V10が発表されることが明らかとなった。

Huawei・Honorの公式Weiboアカウントは、11月28日に中国北京でHonor V10を発表すると投稿し、最新のAIプロセッサを搭載すると言及した。

 

スポンサーリンク

Mate 10と同じKirin 970を搭載

Huaweiによると、Honor V10はAIコアにより大幅な速度革命を起こすと伝えている。このことから、V10にはこれまでの噂通り、Huawei Mate 10シリーズに搭載されている最新のハイエンドチップ「Kirin 970」が搭載されるとみて間違いないだろう。

Honor V10はこれまでの情報から、中国の大手ディスプレイメーカー BOE製6インチディスプレイを搭載すると噂されている。画面のアスペクト比は18:9となり、ベゼルレスデザインを採用する。メインカメラには16MPと20MPの2つのセンサーを搭載するデュアル構成となるが、フラグシップで使用されるライカブランドの高品質レンズは搭載されないと見られる。

RAMは最大8GB、ストレージ容量は最大128GBでRAMとストレージの組み合わせで複数のバリエーションが用意される。バッテリーには高速充電をサポートした大容量の4,000mAhを搭載。OSにはAndroid 8.0 OreoとEMUI 8.0がプリインストールされる。

このようにV10のスペックは、多くの面でHuaweiの最新フラグシップ「Mate 10 Pro」を受け継いでいるが、細かな面でコストダウンが図られ、コストパフォーマンスの良いモデルとなることが期待できそうだ。

 

Source:Huawei via GizmoChina

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう