スポンサーリンク

Xiaomi Mi 7は6インチ縦長ディスプレイ搭載でベゼルレスに?Snapdragon 845を搭載とも

Xiaomiは、2018年に向けてフラグシップモデルの開発を進めているようだ。中国のIT系メディア快科技は、「Xiaomi Mi 7」と呼ばれる次期フラグシップモデルの主要スペック情報を伝えている。

 

スポンサーリンク

Samsung製AMOLEDパネル搭載

Mi 7はディスプレイに大きな変更が加えられるとみられる。今年のトレンドであるアスペクト比18:9の6.01インチAMOLEDディスプレイを搭載し、ベゼルレスデザインを採用するという。AMOLEDパネルはSamsungが供給すると伝えている。

この情報は、今年7月の時点ですでに伝えられており、AMOLEDパネルの供給でXiaomiとSamsungが契約を成立させたと韓国メディアが報じていた。

ベゼルレスデザインとなることで、指紋センサーは背面に搭載されると思われる。XiaomiはiPhone Xのような3Dセンサーを利用した顔認証機能の導入を検討していると報じられているが、この技術は2018年後半になるとみられ、Mi 7では見送られる模様。

 

Snapdragon 845と16MPデュアルカメラ搭載

プロセッサにはQualcommの次期ハイエンドチップ Snapdragon 845を搭載するという。このチップはまだ発表されていないが、Qualcommが12月上旬に開催するイベントで発表されるとみられる。

メモリは6GB、メインカメラにはF1.7の16MPデュアルカメラを搭載するという。バッテリーはMi 6から変更がないと伝えていることから、3,350mAhで高速充電をサポートする。

価格については、中国で2,699元(約46,000円)になると推測している。発表時期については言及されていないが、Mi 6が4月に発表されていることから、2018年3~4月頃になると予想される。

 

Source:快科技 via Phone Arena

スポンサーリンク