スポンサーリンク

Appleの次期6.1インチiPhoneはシングルカメラで、3DTouch非搭載に

Appleは今年後半に投入する6.1インチiPhoneから3D Touch機能を省略するかもしれない。

これは、Apple関連の情報でおなじみのKGI証券のアナリスト Ming-Chi Kuo氏が、投資家向けに公表した新たなレポートによるもの。それによると、6.1インチiPhoneは他の次期iPhoneから先進技術を削ぎ落とした廉価モデルになることが示唆されている。

 

スポンサーリンク

Face IDとベゼルレスデザインを継承

 

Appleは、2018年iPhoneとして3モデル開発していると言われている。iPhone Xと同じ5.8インチOLEDを搭載する5.8インチiPhone、6.5インチの大型OLEDを搭載する6.5インチiPhone、そして、6.1インチの液晶を搭載する6.1インチiPhoneだ。

いずれのモデルもiPhone Xと同じく、TrueDepthカメラを収容する切り欠きが特徴のベゼルレスデザインを継承する。そして「Face ID」を引き続き採用するとみられる。しかし、一部機能やスペック面では大きく異なる点もあるようだ。

 

6.1インチiPhoneは先進技術をカット

5.8インチと6.5インチiPhoneは、iPhone Xと同じくデュアルカメラ、ステンレススチールフレーム、積層型ロジックボードボード、L字バッテリーを搭載し、メモリ容量を4GBへアップするという。

一方6.1インチiPhoneは、シングルカメラ、アルミフレーム、非積層型ロジックボード、長方形バッテリーなど従来のiPhoneのようなスペックとなっている。Kuo氏はまた、3D Touchを省略するとも言及している。

3D Touchは、ディスプレイを押す圧力によって様々な機能を実行できる機能で、2015年発売の「iPhone 6」からiPhone SEを除くモデルに搭載されている。この機能が実際に6.1インチiPhoneから省略されるのか気になる点だ。

 

6.1インチiPhoneがシェア約半数に

価格についても言及しており、米国で700ドル~800ドル(約77,000~88,000円)というミッドレンジモデルになると予想している。そのため、次期iPhoneの出荷量の約半数をこの6.1インチiPhoneが占めると見込んでいる。発売は、例年通り9月~10月頃になる予定だという。

最後に、2018年後半から次期iPhoneの生産に注力するため、iPhone Xの生産を完全に終了するとも言及している。

 

Source:Mac Rumours

スポンサーリンク