スポンサーリンク

Apple、次期iPhoneにJDI製FULL ACTIVEパネルを採用の見通し

今秋発売されるAppleの次期「iPhone」に、ジャパンディスプレイ(JDI)製液晶パネルが採用される見通しであることが明らかとなった。時事通信が報じた。

昨年9月にも、Appleが次期iPhoneの一部のモデルに、JDI製パネルの搭載を検討していると米紙The Wall Street Journalが報じていたが、今回の報道でほぼ採用が確定したものと思われる。

 

スポンサーリンク

JDI製FULL ACTIVEを採用

記事によると、次期iPhoneに搭載されるのはJDIが開発した新型液晶パネル「FULL ACTIVE」だ。

FULL ACTIVEパネルの特徴は、従来では数mmにもなるベゼル幅を極限まで狭小化し、上左右のベゼル幅は0.5mmとOLEDパネルに迫る。加えて、OLEDパネルのように湾曲が可能で、デザインの自由度が大幅に向上する上、製造コストがOLEDパネルよりも安価と、OLEDパネルのコストに頭を悩ますAppleにとって理想のパネルといえるだろう。

 

6.1インチの廉価モデルに搭載か

KGI証券のアナリスト Ming-Chi Kuo氏の報告によると、次期iPhoneは5.8インチ、6.1インチ、6.5インチの3モデル開発されており、いずれのモデルも「iPhone X」のベゼルレスデザインを継承する見込み。

3つのモデルのうち、5.8インチと6.5インチモデルにはOLEDパネルを搭載し、iPhone Xのようにプレミアム路線を継続する。一方、6.1インチモデルは液晶パネルを採用し、廉価モデルとして発売するとみられる。

 

ソース:時事通信

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう