スポンサーリンク

富士通、携帯端末事業を投資ファンドのポラリスへ売却で合意 ー arrowsブランドは継続

富士通は1月31日、「arrows」や「らくらくホン」などを展開する携帯端末事業を、国内投資ファンドポラリス・キャピタル・グループへ売却することで正式に合意した。

両社は3月末までに株式譲渡を完了する見込みで、今回の取引による富士通の利益は約300億円になる見通し。

 

スポンサーリンク

携帯端末事業はポラリス傘下に

携帯端末の研究・開発を手がける富士通の100%子会社 富士通コネクテッドテクノロジーズ(FCNT)の株式を、ポラリスが新たに設立する新会社へ譲渡する。また、富士通周辺機(FPE)の携帯端末製造部門を分社化した新会社ジャパン・イーエム・ソリューションズ(JEMS)を設立し、その株式もポラリスの新会社へ譲渡するという。

富士通は株式譲渡後も引き続きFCNTの株式を30%、JEMSの株式を19%保有する。

 

arrowsやらくらくブランドは今後も継続

FCNTは経営の独立性を高めた上で、これまで培ってきた通信キャリアとの信頼性や「arrows」「らくらくホン」といったブランド力、無線技術や生体認証などのセキュリティ技術を最大限に活用し、5GやIoTといった次世代端末の開発や新たなサービスビジネスの開拓を加速させる。

また、携帯端末の製造や修理を手がけるJEMSについても、独立した事業体として、ODM・EMSビジネスの拡大を目指す。FPEは今後も富士通の100%子会社として、プリンタの開発・製造を続ける。

FCNTは今後も「arrows」と「らくらく」のブランドを使用して端末を展開していく。

 

Source:富士通

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう