スポンサーリンク

Galaxy S9の箱が流出し新機能が判明 ー スーパースローモーション、F値可変などカメラ機能を強化

先日、SamsungモバイルのCEO DJ Koh氏によって、次期フラグシップスマホ「Galaxy S9/S9+」が2月26日から開催される「MWC 2018」で発表されることが確認された。

今回、Galaxy S9と印刷された箱が海外の掲示板 Redditに投稿されているのが発見された。そこには、次期フラグシップの一部スペックと機能が記載されている。

 

スポンサーリンク

カメラ機能に注力

この箱に記載されている機能から、Galaxy S9は特にカメラ機能に力を入れていることが伺える。メインカメラには光学式手ぶれ補正(OIS)とデュアルピクセル技術をサポートする12MPイメージセンサーが搭載される。このイメージセンサーはSamsungが昨年10月に発表した「ISOCELL Fast 2L9」が使われていると推測される。

F値がF1.5/F2.4と2つ記載されているが、これはデュアルカメラを搭載しているのではなく、一眼レフカメラのようなF値可変レンズが採用されると見られる。直射日光下など明るいシーンではF2.4で、夕暮れや室内などの低照度シーンではF1.5で撮影できるようになり、どんなシーンでも明るく美しい写真を撮影可能になる。

そして、もう一つの新機能としてソニー「Xperia XZ Premium」や「XZ1/XZ1 Compact」のように、約1,000fpsの「スーパースローモーション」機能をサポートするようだ。これにはSamsungが開発したメモリ積層技術が採用されると思われる。

 

AKGチューニングのスピーカー

スペックは、5.8インチのQHD+ SuperAMOLED「Infinity Display」、4GB RAM、64GBストレージ、8MPフロントカメラを搭載することが確認できる。その他の機能として、虹彩認証、ワイヤレス充電、IP68防水・防塵をサポートする。老舗オーディオブランドAKGがGalaxy S9用にチューニングしたステレオスピーカーを搭載し、同じくAKGチューニングのイヤホンが同梱される。

Galaxy S9は、多くの市場でSamsungの最新チップセット Exynos 9810を搭載する。 北米や中国など一部市場ではSnapdragon 845を搭載したモデルをリリースする予定だ。

 

Source:Reddit via SamMobile

スポンサーリンク