スポンサーリンク

Galaxy S9/S9+、虹彩認証と顔認証を組み合わせた「インテリジェントスキャン」を搭載か

米IT系メディア XDAは、Samsungの次期フラグシップ「Galaxy S9」シリーズが顔認証と虹彩認証を組み合わせて生体認証機能を強化する可能性が高いと伝えている。

 

スポンサーリンク

虹彩認証と顔認証のハイブリッド

これはXDAのシニアメンバー mweinbach氏によって明らかになったもの。「Galaxy Note 8」向けとなる未リリースの最新Android 8.0 Oreoベータ版APKを解析したところ、コード内から「Intelligent Scan」といった文字列を発見したという。S8シリーズやNote 8にはこのような機能は搭載されていないことから、S9シリーズの新機能と考えられるという。

mweinbach氏は、APKからヘルプ動画も見つけており、YouTubeにアップしている。動画を見て分かる通り、このインテリジェントスキャンは、顔認証と虹彩認証を組み合わせて生体認証を強化するものと思われる。

 

互いのデメリットを補完

Samsungは、S8シリーズから生体認証として虹彩認証と顔認証を搭載したが、これらにはメリットとデメリットが存在する。

虹彩認証は黒目の内側にあるドーナツ状のシワの模様を識別するもので、遺伝による影響が少なく一卵性双生児でも同じ模様になることはない。そのため、誤認識率は120万分の1と非常に優れている。しかし、赤外線カメラを使用して識別するため、直射日光下では認証に失敗したり速度が低下する場合がある。

顔認証は顔の目や鼻、口、アゴの形、シワなどの目立つ特徴を識別するもので、認識速度が非常に早い。しかし、通常のカメラを使用するため、暗所での識別が難しい。また、Galaxyの顔認証は2D認識のため、写真でもロック解除できてしまうなど、セキュリティー面でも大きな欠陥が指摘されている。

そこで、虹彩認証と顔認証を組み合わせることでお互いのデメリットを補い、あらゆる状況下での認証の安定性と精度を強化するものと思われる。この機能はサードパーティ製のアプリでも使用することができるという。

 

Source:XDA

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう