スポンサーリンク

HTC、ミッドレンジスマホHTC U11 EYEsを正式に発表 ー デュアルセルフカメラと顔認証をサポート

HTCは2018年第一弾となるスマートフォン「HTC U11 EYEs」を発表した。U11 EYEsはミッドレンジでありながら、18:9の縦長ディスプレイ、大容量バッテリー、デュアルフロントカメラを搭載し、HTCとして初めて顔認証機能をサポートする。

 

スポンサーリンク

U11+のデザインを継承

U11 EYEは、昨年11月に発表された「HTC U11+」を受け継ぎ、アスペクト比18:9の6インチ ディスプレイと、ベゼルレスデザインを採用している。しかし、解像度はQHD+(2880 x 1440ピクセル)からフルHD+(2160 x 1080ピクセル)へとスペックダウンされている。

 

U11譲りの高画質カメラ

メインカメラは、HTC U11と同じ12MPのUltraPixel 3を搭載。F1.7、デュアルLEDフラッシュ、高速オートフォーカス、光学式手ぶれ補正(OIS)などをサポートする。その画質は、カメラセンサーやレンズを評価するWebサイト DxOMarkで90点の高評価を得ており、折り紙付きだ。

フロントカメラには、鮮明なセルフィー撮影を撮影するために新たに設計された5MP+5MPのデュアルカメラが搭載される。これにより、背景をぼかしたポートレートモードが撮影可能となる。ほか、ユーザーがリアルタイムに被写界深度を調整できるボケモードや高速HDR、ビューティーモード、ARステッカー機能を搭載。HTCとして初めて顔認証機能もサポートする。

 

主なスペック

基本スペックはSnapdragon 652チップセット、4GB RAM、64GB内蔵ストレージ、Android 7.1.2 Nougatを搭載。バッテリーには3,930mAhの大容量バッテリーをを搭載し、高速充電規格「Quick Charge 3.0」をサポートする。

U11の名前を持つことから、U11 EYEsも「エッジセンス」を搭載する。本体側面を握ることで、アプリの起動や写真を撮影するなど、様々な操作が可能となるほか、U11+で搭載された「Edge Launcher」を起動することもできる。

 

 HTC U11 EYEs
OSAndroid 7.1.2 Nougat + HTC SenseUI
ディスプレイアス比18:9 6インチ フルHD+(2160 x 1080)SuperLCD3
プロセッサSnapdragon 652 オクタコア
RAM4GB
ストレージ64GB
メインカメラ12MP、光学式手ぶれ補正(OIS)、F1.7、位相差AF
フロントカメラ5MP+5MP、 F2.2、80度広角レンズ
ネットワーク2G/3G/4G LTE
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac 2.5GHz + 5GHz
Bluetoothv4.2
NFC
生体認証指紋認証
バッテリー3,930mAh(QuickCharge 3.0サポート)
その他microSDスロット
USB Type-C(USB 2.0)
IP67防水防塵
デュアルSIM
カラーバリエーションレッド/シルバー/ブラック
サイズ157.9 x 74.9 x 8.5 mm
重さ185g

 

価格と発売日

U11+の価格は3,299元(約57,000円)。1月25日に発売される予定で、中国ではすでに予約注文を開始している。

 

Source:HTC

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

HTCHTC, HTC U11 EYE

Posted by emon