スポンサーリンク

HTC、MWC 2018で次期フラグシップ「HTC U12」を発表しない模様

HTCは「MWC 2018」でフラグシップモデルの発表を見合わせるようだ。

HTCは昨年リリースした「HTC U11」の後継機として、「HTC U12」の開発を進めていると見られる。しかし、Android情報サイト Android HeadlinesはHTC関係者の話として、MWC 2018では発表を行わず、後日独自のイベントを開催しフラグシップモデルの発表を行うと伝えている。

 

スポンサーリンク

ここ数年MWCでU12の発表はなし

しかし、これはそれほど驚くことではない。というのも、HTCはここ数年、MWCでフラグシップモデルの発表をせず、後日、独自のイベントを催し発表している。

昨年を振り返ると、1月に「U Ultra」、5月に「U11」、11月に「U11+」を発表している。HTCがMWCでフラグシップモデルを発表したのは、2015年の「One M9」になり、2016年はエントリーモデル「Desire 530」の展示に留まっていた。

 

Huawei、LGも発表見合わせとも

今年のMWCでは、すでにソニーSamsungHMD Globalのプレスイベントの開催が確認されている。一方、HuaweiやLGといったトップメーカーがフラグシップモデルの発表を見合わせるとの情報もある。その背景には、Samsungのフラグシップ「Galaxy S9」シリーズとの直接対決を避けるためとの分析がされている。

 

U12の発表は3月~4月か

HTC U12は4Kディスプレイ、Snapdragon 845チップセット、デュアルリアカメラを搭載すると噂されている。U12の発表時期については言及されていないが、おそらく3月~4月になるだろうとしている。

 

Source:Android Headlines

スポンサーリンク