スポンサーリンク

iPhone SE 2はワイヤレス充電非搭載?マイナーアップグレードにとどまるとの予測

昨年夏ごろから発売の噂がささやかれている小型iPhoneの次期モデル「iPhone SE 2」。最近の情報では、第2四半期から量産を開始し、5月~6月にも発売するとの具体的な情報が伝えられている。

しかし、これらの情報に懐疑的なのが、Appleの正確な予測で知られるKGI証券のアナリスト Ming-Chi Kuo氏である。Kuo氏は、いくつかの理由で最近のiPhone SE 2に関する情報を疑問視している。

 

スポンサーリンク

次期iPhone3モデルに開発を注力

Appleは昨年9月に「iPhone 8/8 Plus」と同時に革新的な「iPhone X」を発表したが、発売は約1ヶ月半遅れの11月となってしまった。Kuo氏によると、Appleはその二の舞いを避けるため、次期iPhoneシリーズの開発に注力しているという。

そのため、現在のAppleにはiPhone SE 2にリソースを割く余裕はなく、開発されている可能性は低いと述べている。

 

ワイヤレス充電は非搭載

しかし、iPhone SE 2の可能性を完全には否定しておらず、もし発売を予定しているとすれば、サイズやデザインなど大幅な変更は加えずに、プロセッサの変更などのマイナーアップグレードにとどまるだろうと予測している。iPhone SE 2に搭載が有力視されているワイヤレス充電に関しても、廉価モデルであるiPhone SE 2への搭載は、コスト上適していないという。

昨年の情報では、A10プロセッサ、2GB RAM、32GB/128GBストレージを搭載し、「iPhone 7」並のスペックになり、インドなど主に新興国をターゲットにしたモデルになると伝えられている。

 

Source:AppleInsider

スポンサーリンク