スポンサーリンク

JDI、スマホにも搭載可能なガラス指紋センサーを開発

国内液晶メーカー大手のジャパンディスプレイ(JDI)が液晶パネルメーカーとしての殻を破り、新たにセンサー分野に進出する。

JDIは1月23日、透明ガラスでできた静電容量式指紋センサーを開発したと発表した。2018年中の出荷を見込んでおり、JDIはこの技術により、現在スマートフォンやノートPCで主流となっているシリコン製指紋センサーからの置き換えを狙う。

 

スポンサーリンク

ディスプレイ上の指紋の凹凸を検知

静電容量式ガラス指紋センサーは、スマートフォンやデジタルカメラ等の液晶ディスプレイで採用されているインセル型タッチパネル「Pixel Eyes」の技術を応用。液晶ディスプレイに触れている指のエリアを検知し、指紋の凹凸による静電容量の変化を検出する。これにより、透明なガラス上に静電容量式指紋センサーを組み込むことに成功した。

 

様々な製品への採用を狙う

この技術の特長は、ガラスを採用することで、現在主流であるシリコン製指紋センサーよりも透明度が向上することだ。

また、昨年末、米Synaptics社が発表した光学式指紋センサー「Clear ID FS9500」は構造上OLEDでしか動作しない。しかし、静電容量式ガラス指紋センサーはバックライトやディスプレイと組み合わせが可能となり、スマートフォンやノートPCなどへの置き換えが可能となる。

今回開発したものは有効センサーサイズ 8 x 8mm(0.45型)のみだが、今後は小型サイズや大型サイズなどラインナップ拡充を図り、新たな指紋センサーの需要拡大を模索する。また、折り曲げ可能なフレキシブルディスプレイ技術への対応も見込んでおり、柔軟なデザイン開発が可能になるともしている。

 

Source:ジャパンディスプレイ

スポンサーリンク