スポンサーリンク

Qualcommの次期ミッドレンジチップ Snapdragon 670がベンチマークに登場

最近のリーク情報によると、QualcommはSnapdragon 660の後継製品としてSnapdragon 670を開発しているとみられる。QualcommはすでにSnapdragon 670をプロトタイプデバイスでテストしているようで、先週、ベンチマークアプリ Geekbenchに登場したことが明らかとなった。

 

スポンサーリンク

Snapdragon 835に迫るシングルスコア

Geekbenchのデータによると、Snapdragon 670は動作クロックが1.71GHzとなっており、Snapdragon 660の1.83GHzよりも低いクロックで動作するようだ。6GB RAMを搭載し、Android 8.1 Oreo上で動作していることも確認できる。

注目のスコアはシングルコアで1,863ポイント、マルチコアでは5,256ポイントを記録し、シングルコアではSnapdragon 835に匹敵する素晴らしいスコアを記録している。

 

スペックの噂

Snapdragon 670のスペックは、リーク情報によるとSamsungの第1世代10nm FinFETプロセスで製造され、CPUはKryo 360 Goldを4コアとKryo 385 Silverを4コア、GPUにはAdeno 620を内蔵すると言われている。

Snapdragon X16 LTEモデムとSpectra 260 ISPを内蔵することで、ギガビットLTE通信が可能となり、最大26MPリアカメラと13MPのフロントカメラをサポートするとみられる。

QualcommはSnapdragon670と並んでSnapdragon 640チップセットとエントリーモデル向けとなるSnapdragon 460チップセットを開発しているとの情報もある。

 

Source:Geekbench via Android Headlines

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう