スポンサーリンク

国際版Samsung Galaxy S9/S9+(SM-G960F/SM-G965F)が早くもFCCを通過

Samsungが今春に発売すると期待されている次期フラグシップモデル「Galaxy S9/S9+」。その最新モデルが昨年12月27日に米国連邦通信委員会(FCC)の認証を通過したことが明らかとなった。

 

スポンサーリンク

国際版SIMロックフリーモデル

通過したデバイスは「SM-G960F(Galaxy S9)」と「SM-965F(Galaxy S9+)」の2機種で、これらは国際版SIMロックフリーモデルにあたるとみられる。しかし、FCCのデータからは残念なことに外観やスペックに関する情報は含まれていない。

 

発売は例年よりも早い?

今回、Droid Lifeは、S9/S9+が例年のSシリーズよりもかなり早い時期にFCCを通過した点に注目している。過去の製品を見てみると、Galaxy S8/S8+は2017年3月、Galaxy S7は2016年2月、Galaxy S6は2015年3月にFCCを通過しており、例年よりも2~3ヶ月早いことがわかる。

これらのことから、S9/S9+は例年よりも早く発売される可能性があるという。多くのメディアによる最近の情報では、2月下旬に開催される「MWC 2018」前日に正式発表し、3月中に発売するとの見方が強い。

一方で、モバイル関連のリーク情報で知られるEvan Blass氏は、間もなく開催される「CES 2018」でS9/S9+がプレビュー公開される可能性があると主張している。CES 2018は1月9日から開催されるが、実際にプレビュー公開されるのか、期待して待ちたい。

 

Source:FCC(1) , (2) via Droid Life
Image:PhoneArena

スポンサーリンク