スポンサーリンク

Samsung Galaxy S9/S9+の公式とされるレンダリング画像がリーク

Samsungは、「MWC 2018」の前日、2月25日(欧州時間)にプレスイベントを催すことが正式に確認された。同イベントでは、Samsungの次期フラグシップモデル「Galaxy S9/S9+」が発表される見通しだ。

今回、そのS9シリーズの公式とされるレンダリング画像が、信頼性の高いソースからリークされた。

 

スポンサーリンク

S8シリーズのInfinity Displayを継承

この画像はリーク情報でおなじみのEvan Blass氏によるもの。

レンダリング画像を見ると、これまでの情報通り昨年のモデル「Galaxy S8/S8+」と同じく、スリムベゼルの「Infinity Display」デザインを引き継いでいることが確認できる。しかし、左右のエッジが、S8シリーズよりも若干太くなっているのが目に留まる。ディスプレイサイズもS8シリーズと同じく5.8インチ、S9+は6.2インチで、アスペクト比 18.5:9のSuperAMOLEDディスプレイを搭載する。

プロセッサは発売する市場で搭載チップが異なり、米国と中国ではQualcommのSnapdragon 845チップセット、その他の市場ではSamsungのExynos 9810チップセットを搭載するとみられる。メモリ構成はS9とS9+で差別化され、S9には4GB RAMと64GB内蔵ストレージ、S9+では6GB RAMと128GB内蔵ストレージとなる模様。

 

カメラ機能を強化

S9シリーズの大きな変更点としてカメラ機能の強化がある。

これまでの情報によると、S9シリーズにはスーパースローモーション機能を持つ12MPカメラが搭載される。S9はシングル仕様で、F1.5とF2.4のF値可変機能を搭載。S9+は「Galaxy Note 8」で初搭載されたデュアル仕様となり、F1.5とF2.4のレンズを備える。フロントカメラには両モデルとも8MPのシングル仕様を搭載する。

また、メインカメラの配置がS8シリーズやNote 8の横並びから縦並びに変更され、不評だった指紋センサーの位置がカメラ下へと変更される。これも、ユーザーにとってうれしい改善となるだろう。

 

発売は3月16日か

発売日に関しては、レンダリング画像に表示されている日付から、3月16日に発売されるとみられる。

 

ソース:VentureBeat , Evan Blass

スポンサーリンク