スポンサーリンク

AQUOS S3の実機画像が台湾の認証機関で公開 ー iPhone Xのような切り欠きを確認

シャープはモデル番号「FS8032」と呼ばれる新たなミッドレンジスマートフォンの開発を進めているようだ。この機種は「AQUOS S3」と呼ばれ、昨年8月に発表された「AQUOS S2」の後継機種となる。

このデバイスが、最近台湾の電波認証機関である国家通信放送委員会(NCC)によって認証され、NCCのWebサイトに実機画像が公開されているのが確認された。

 

スポンサーリンク

iPhone Xライクな切り欠きが特徴

前モデルのAQUOS S2は縦長ディスプレイとベゼルレスデザイン、そしてディスプレイ上部にフロントカメラを搭載する切り欠きを特徴としていた。S3もその特徴を踏まえつつ、さらに進化を遂げている。

前面のベゼルはより狭小化され、ボトムベゼルに設置されていた指紋センサーは背面に移動された。また、上部の切り欠きにはフロントカメラ、受話口、センサーが搭載され、Appleの「iPhone X」のようなデザインになっている。

 

AQUOS S3のスペック

これまでのリーク情報によると、5.99インチのフルHD+(2040 x 1080ピクセル)IPS液晶ディスプレイ、Qualcomm 630もしくはSnapdragon 660チップセット、OSにはAndroid 8.0 Oreoを搭載する。メモリは4GB RAM+64GBストレージモデルと、6GB+128GBストレージモデルの2つのバリエーションが用意される模様。

メインカメラは12MPイメージセンサーと13MPイメージセンサーのデュアル仕様、フロントカメラは16MPイメージセンサーのシングル仕様となる。バッテリーは3,100mAh、カラーはオブシディアンブラック、ゴールド、ブルーの3色展開となる模様。

 

1月16日に発表

このモデルの他に、「FS8018」「FS8015」が存在していることが確認されており、中国の認証機関TENAAを通過している。いずれもAQUOS S3シリーズとして登場するとみられる。

AQUOS S3は1月16日に台湾で開催するプレスイベントで発表される予定で、すでにメディアへ招待状を送付している。

 

Source:Dealntech

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう