スポンサーリンク

ソニーモバイルがOLED研究・開発者を募集 ー Xperiaも将来有機ELを搭載か

ソニーが将来、有機EL(OLED)ディスプレイを搭載するXperiaをリリースするかもしれない。ソニーモバイルがOLED研究開発の経験があるディスプレイエンジニアを募集していることが、同社の求人リストから明らかとなった。

 

スポンサーリンク

OLED研究開発の経験が必須

この求人は2017年11月に掲載され、今年1月12日に更新されたという。いずれもOLEDに関するものとなっており、OLEDの技術研究や部品の設計・検証、OLEDサプライヤーの管理、品質改善などが掲載されている。なかでも「携帯電話とOLEDの一体化」とあり、将来的にXperiaがOLEDを搭載することが示唆されている。

応募資格はいずれもOLEDの研究開発の経験、英語でのコミュニケーション能力が必須となっている。

 

OLEDはモバイルディスプレイの主流に

OLEDは一つ一つの素子が自己発光するため、応答速度やコントラストに優れ、特に暗部や黒の再現性が大きく向上する。また、液晶パネルのようにバックライトといった光源を必要としないため、薄く紙のように自在に曲げることができ、デザインの自由度が向上するなどメリットが生まれる。

実際はまだXperiaにOLEDディスプレイが搭載されるとの具体的な情報はない。しかし、昨年Appleが「iPhone X」にOLEDを採用したことから、今後、OLEDパネルがモバイルディスプレイの主流になると言われている。シャープも今夏発売する「AQUOS」のプレミアムモデルに自社生産のOLEDを搭載すると報道されており、この流れは避けられないだろう。

ソニーとパナソニックのOLED事業を統合したJOLEDは、モバイル向けOLEDパネルを2019年から量産開始する予定となっている。来年にはJOLEDのOLEDパネルを搭載したXperiaが登場することを期待したい。

 

Source:ソニーモバイル via Xperia Blog

スポンサーリンク