スポンサーリンク

ソニー、次期ハイエンドXperiaでヘッドホンジャックを廃止か

先週末、ソニーの新型スマートフォンが米国連邦通信委員会(FCC)のデータベースで公開されていることが確認された。確認されたのは、FCC ID「PY7-21831A」。

FCCの公開資料から、新モデルがベゼルレスデザインを持ち、ヘッドホンジャックを搭載していない可能性があることがわかった。

 

スポンサーリンク

ベゼルレスXperiaか

PY7-21831Aは、Xperiaのフラグシップモデルである可能性が高いと推測される。資料によると本体サイズは152.79 x 72.42 mm、ディスプレイサイズは5.7インチで、昨年春に発表された「Xperia XZ Premium」(156 x 77mm)にとても近いサイズであることがわかる。

公開された資料からはディスプレイのアスペクト比を確認することはできないが、XZ Premiumとほぼ同サイズながら、ディスプレイサイズが大型化されていることから、ベゼルレスデザインを取り入れていると思われる。

 

ヘッドホンジャックを廃止か

そして残念なことに、XperiaもiPhoneのようにヘッドホンジャックが廃止される可能性が示されている。上の図面には、SIMスロットの位置が示されており、左上に配置されている。ここは現行モデルではヘッドホンジャックが配置されている場所である。

また、別の図面では、USB Type-Cケーブルの途中から分岐する形でヘッドホンジャックがのびる二股アクセサリが掲載されている。このアクセサリは「Audio & Charging Cable」となっており、充電とオーディオ再生を同時に行えるようだ。

ヘッドホンジャックを備えていれば、このようなアクセサリを同梱する必要は当然ないわけで、やはりヘッドホンジャックが搭載されていないと考えるのが自然だろう。

 

ヘッドホンジャック非搭載が主流に?

このヘッドホンジャック廃止の流れは、Appleだけでなく、Googleの「Pixe 2/2 XL」やHTC「U11/U11 Plus」、Huawei「Mate 10 Pro」など一部機種で行われており、今後主流になっていくのか気がかりなところだ。

 

Source:FCC via Xperia Blog

スポンサーリンク



XperiaSONY, Xperia

Posted by emon