スポンサーリンク

Huawei P20 Liteのレンダリング画像がリーク、切り欠きディスプレイを確認

昨日、「Huawei P20」シリーズのラインアップの一つ「P20 Lite」がFCC認証を通過したことにより、「iPhone X」のような切り欠きディスプレイや縦並びカメラを持つことが確認された。

そして今回、リーク情報で知られるリーカー @OnLeaksは、Tigermobilesと共同で、P20 Liteの3Dレンダリング画像と動画を公開した。

 

スポンサーリンク

切り欠きディスプレイと太めのボトムベゼル

FCCの提出資料の通り、ディスプレイ上部にはiPhone Xのような切り欠きを持ち、そこにレシーバーやフロントカメラが収容されている。しかし、P20 LiteはiPhone XのようにTrueDepthカメラシステムを備えていないため、切り欠きの幅はコンパクトになっている。また、iPhone Xは4辺が同じベゼル幅なのに対し、P20 Liteはボトムベゼルが少し太くなっている。

P20 Liteの本体サイズは148.6 x 71.2 x 7.4mm(カメラ部分は8.4mm)。ディスプレイサイズは5.7インチだが、ディスプレイの角が丸みを帯びているため正確にはわからないという。

HTML5testの情報から、ディスプレイのアス比は19:9、解像度2280 x 1080ピクセルであることが確認されている。

 

デュアルリアカメラを搭載

背面に目を向けると、FCCの資料からはわからなかった部分がみえてくる。

左上には出っ張りのあるデュアルカメラとLEDフラッシュ、中央には円形の指紋センサー、左下にはHuaweiの刻印が配置される。P20シリーズは、トリプルカメラにより5倍ハイブリッドズームが実現すると言われているが、少なくともP20 Liteではサポートされないようだ。

ほか、左側面にはSIMトレイ、右側面には電源ボタンと音量ボタン、底面にはUSB Type-Cポート、スピーカー、ヘッドホンジャックが備えられている。

Tigermobilesによると、この情報は信憑性の高いものだが、最終的に変更される可能性もあるとも述べている。

 

Source:@OnLeaks , Tigermobiles

スポンサーリンク