スポンサーリンク

最新ハイエンドSoC「Snapdragon 845」とライバルSoCのベンチスコアを比較

昨年12月に発表されたQualcommの最新ハイエンドSoC「Snapdragon 845」。今回、同社はサンディエゴ本社でメディア向けに「Snapdragon 845 Benchmarking Workshop」を開き、正式にSnapdragon 845のベンチマークを解禁した。

中国のSNS Weiboに、Snapdragon 845とライバルとなるハイエンドSoCを、ベンチマークアプリ Geekbenchでテストした結果が掲載されているので紹介したい。

 

スポンサーリンク

約25%のパフォーマンス向上

今回Snapdragon 845のベンチテストで使用されたのは、Qualcommのリファレンスモデルである。画像の左からKirin 970搭載「Huawei Mate 10」、Snapdragon 835搭載「OnePlus 5T」、Exynos 8895搭載「Galaxy Note 8」、Snapdragon 845リファレンスモデル、A11 Bionic搭載「iPhone X」である。

テストデバイスシングルコアマルチコア
Huawei Mate 10(Kirin 970)19206775
OnePlus 5T(Snapdragon 835)19556601
Galaxy Note 8(Exynos 8895)20276724
Qualcommリファレンスモデル(Snapdragon 845)24618456
iPhone X(A11 Bionic)423810617

まず、Snapdragon 845のマルチコアスコアを見ると、8456ポイントとハイスコアを記録している。しかし、A11 Bionicは抜きん出ており、唯一の1万ポイント超えと他を大きく引き離している。Kirin 970、Snapdragon 835、Exynos 8895はほぼ横並びで、6700ポイント前後と見慣れた数字が並ぶ。

シングルスコアでもやはりA11 Bionicがほかを大きく引き離し、約4200ポイントをマーク。Snapdragon 845は2400ポイント、Kirin 970、Snapdragon 835、Exynos 8895が2000ポイント前後と続く。

これらのスコアから、Snapdragon845が従来チップから約25%のパフォーマンス向上を実現したことが示された。

 

AnTuTuスコアは27万に迫る

また、ケータイWatchはAnTuTuベンチマークでの結果を掲載しており、総合スコア約26.6万ポイントと27万に迫る結果を示した。これは先週リークされた、コードネーム「Polaris」こと「Xiaomi Mi MIX 2S」のベンチスコア(約27万ポイント)とほぼ同じスコアである。

このことから、Mi MIX 2SにはSnapdragon 845が搭載されることが裏付けられたといっていいだろう。

 

SDM 845搭載モデルはMWCで発表

Snapdragon 845搭載モデルはGalaxy S9やXiaomi Mi MIX 2S、Xperia XZ Proなどに搭載されることが確実とみられる。これらのモデルは今月下旬から開催される「MWC 2018」で発表される予定だ。

 

Source:Weibo , ケータイWatch

スポンサーリンク