スポンサーリンク

Nokia 7 Plusの詳細スペックが判明。18:9画面、SDM660、Zeiss製デュアルカメラ搭載

Nokiaブランドのスマートフォンを手がけるHMD Globalは、今月末の「MWC 2018」でプレスイベントを開催する予定だ。しかし、同イベントで何を発表するのかは明らかにされていない。しかし、これまでの情報から、いくつかのデバイスがリストアップされている。その中の一つが「Nokia 7 Plus」だ。

Nokia 7 Plusの存在は、今年はじめに「Nokia 5」のCamera APKから発見され、Snapdragon 660を搭載するミッドレンジモデルになると見られている。今回、Nokia 7 Plusのマーケティング資料とみられる画像がリークされ、本体画像や詳細スペック、機能が判明した。

 

スポンサーリンク

主要スペック

  • OS:Android 8.0 Oreo
  • ディスプレイ:アス比18:9 6インチディスプレイ
  • プロセッサ:Snapdragon 660
  • メモリ:4GB RAM/64GBストレージ
  • メインカメラ:12MP+13MP デュアルカメラ
  • フロントカメラ:16MP
  • OZO Audio
  • MicroSDスロット
  • USB Type-C
  • 高速充電対応

Nokia 7 PlusがSnapdragon 660チップセット、4GB RAM/64GBストレージ、Android 8.0 Oreoを搭載することは、ベンチマークアプリ Geekbenchからも確認されている。

OSについては、発売後Android 8.1へのアップデートを予定している。ディスプレイには、Nokiaスマートフォンとして初めてアスペクト比18:9の6インチディスプレイを搭載する見込みだ。

 

前後カメラともZeiss製レンズを採用

メインカメラは、13MPと12MPのデュアル構成で光学2倍ズームに対応するCarl Zeiss製レンズを搭載する。セルフィーカメラは16MPのシングル構成で、こちらもCarl Zeiss製レンズを搭載し、4つの画素を1つの画素として扱うことで、低照度環境での撮影性能を向上させる「Teracell」技術をサポートする。

そのほかの特長としてリア指紋センサー、USB Type-C、18W高速充電、360度オーディオ技術「OZO Audio」をサポートする。

 

価格は約5.5万円

価格は約399ユーロ(約5万5000円)になるとみられる。またNokia 7 Plusはすでに量産に入っていることから、発売も間もなくと予想される。

 

Source:Nokiapoweruser

スポンサーリンク