スポンサーリンク

Samsung、Galaxy S9の新機能を示すティザー動画を公開

Samsungは同社の公式YouTubeチャンネルに、次期フラグシップスマホ「Galaxy S9/S9+」を紹介する短いティザー動画を公開した。いずれもS9/S9+で搭載される注目の新機能を示すヒントが含まれている。

 

スポンサーリンク

注目の新機能を紹介

スーパースローモーション機能

最初の動画は、ジェット機、ランナー、ジェットコースター、チーターなど高速で動く被写体を撮影したもの。最後にムササビのように滑空するウイングスーツダイバーが登場し、9の数字とともにダイバーの動きがスローモーションとなる。これは「Super Slow-mo」と呼ばれるスーパースローモーション機能を示したもの。

ソニー「Xperia XZ premium」や「Xperia XZ1/XZ1 Compact」でも720p/960fpsのスーパースローモーション機能を搭載しているが、Galaxy S9ではこれに加えて、1080p/480fpsのスローモーション撮影が可能になるとみられる。

F1.5レンズとF値可変機能

2つ目の動画では、夕暮れや雷雲、深い森の中などいずれも薄暗い低照度環境で撮影したもの。ラストカットの「9」の円の中がパッと明るくなり鹿の姿が映し出される。スマホ史上最も明るいF1.5のレンズを搭載することを示唆しており、このような低照度環境下でも、明るく鮮明な撮影が可能になることを表している。

Galaxy S9ではシングルカメラながら、撮影環境に応じてF1.5~F2.4の間で絞り値を変更できる「F値可変」機能を備え、どのような環境でも写真や動画撮影が楽しめる。

3D絵文字機能

最後の動画では、映画を観ながら涙を流したり、ゲームプレイで興奮したり、遊園地のアトラクションに驚したりと男性の様々な表情が映し出される。最後、誕生日パーティーで喜ぶ男性の顔がイラストに変化する。これは最近明らかになった「3D絵文字」機能を示したもの。

3D絵文字はiPhone Xの新機能「アニ文字」のような機能となり、ユーザーの顔の向きや動きを正確にキャプチャーし、3Dキャラクターにリアルタイムに反映させるもの。従来の絵文字のように、SMSやメッセージアプリなどで幅広く活用できると思われる。

Galaxy S9/S9+は、現地時間2月25日午後6時(日本時間:26日午前2時)に開催されるプレスイベントで発表される予定で、同イベントの模様はライブ配信も予定されている。

 

Source:Samsung Mobile Korea

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう