スポンサーリンク

ソニー、最高ISO5万を実現する新イメージセンサーとデュアルカメラをMWCで公開

ソニーは2月26日、新フラグシップスマホ「Xperia XZ2/XZ2 Compact」を発表した。XZ2/XZ2 Compactにはデュアルカメラの搭載も噂されていたが、従来通りシングルカメラとなったのは周知の通り。

しかし、ソニーはデュアルカメラシステムの開発にも取り組んでいるようだ。同社は開催中の「MWC 2018」において、開発中の次世代イメージセンサーとデュアルカメラシステムを展示している。

 

スポンサーリンク

一眼レフに迫る高感度ISP

展示されているのは「Fusion Image Signal Processor」と呼ぶイメージセンサーとデュアルカメラモジュールだ。これらは特に低照度下での撮影に注力しており、2つのレンズで取り込んだ光をリアルタイムに合成することで、静止画では最高ISO 512000、動画では最高ISO 12800の高感度撮影を実現する。

モバイル向けISPでこの高感度は画期的で、同社最新スマホのISO感度(ISO 12800)の4倍にあたる。同社は「レンズ交換式カメラに匹敵する画質を実現する」と述べており、このモジュールに対する自信を窺わせる。しかし、感度が上げれば上げるほど高感度ノイズが発生しやすくなる。このノイズをいかに低減するかが鍵となりそうだ。

このモジュールの量産時期についてはコメントしていないが、プロトタイプは最終型に近いと思われれ、実際にXperiaに搭載されるのもそう遠くはないかもしてない。

 

Source:GSM Arena

スポンサーリンク



SONYSONY

Posted by emon