スポンサーリンク

ソニーのXperia XZ2 Compactと見られるスマホがFCCを通過 ー 5インチ、縦長ディスプレイ搭載か

ソニーの未発表スマートフォンが米国連邦通信委員会(FCC)の認証を通過したことが明らかとなった。海外メディアによると、この未発表モデルはコードネーム「H8314」で「Xperia XZ2 Compact」になる可能性が高いと伝えている。

 

スポンサーリンク

18:9の5インチディスプレイ搭載

FCCを通過したのはFCC ID「PY7-24118Q」だ。公開された資料によると、本体サイズは135.4 x 64.6 mmで、ディスプレイの対角線が126mmであることが確認された。この対角線をインチに変換すると約4.9インチとなる。

2013年に発売された約5インチディスプレイ搭載「Xperia Z」の本体サイズ(139 x 71 mm)と比較すると、縦はやや短く、横幅もかなりスリムになっているようだ。このことから、XZ2 Compactはアス比18:9ディスプレイを搭載し、スリムベゼルを採用していると推測される。

 

デザインの変更はなし?

また、別の情報として、XZ2 Compactと主張するデバイスの画像がリークされている。FCCのデータ通り、ディスプレイが縦長になり、ベゼル幅がややスリムになっていることが見て取れる。しかし、デザイン自体にはこれまでのXperiaと変わらないようだ。

これまでの情報では、次期Xperiaから新デザインコンセプトが採用され、デザインが刷新されるといわれている。だが、この画像を見る限り、XZ2 Compactではデザインの変更はない模様。

 

Snapdragon 845搭載ハイエンドモデルに

スペックに関しては、Snapdragon 845チップセット、4GB RAM/64GBストレージを搭載するという。その他、19MPシングルリアカメラ、8MPフロントカメラ、3,000mAhバッテリー、Android 8.0 Oreoを搭載すると伝えている。

 

Source:FCC via GizChina

スポンサーリンク