スポンサーリンク

Apple、2019年iPhoneからノッチをなくしフルベゼルレス化を計画か

Appleはどうやら将来的にiPhoneから切り欠き(ノッチ)を完全になくし、完全なベゼルレスiPhoneを計画しているようだ。韓国の経済メディア ET Newsは、2019年iPhoneでノッチを完全に取り除く決定を下したと伝えている。

 

スポンサーリンク

ノッチをなくし完全なベゼルレスに

昨年発売されたAppleの新モデル「iPhone X」はデザインを刷新し、ディスプレイ上部にTrueDepthカメラやフロントカメラ、センサーなどを収容する「ノッチ」と呼ばれる切り欠きが特徴となっている。このノッチについての評価は賛否両論飛び交っているが、Appleは今年後半に発売される次期iPhoneでも引き続き、すべてのモデルにノッチを採用するとも言われている。

しかし、業界関係者によると、Appleは2019年モデルからノッチを取り除き、完全なベゼルレスデザインを採用すると主張している。Appleはすでに関連企業と協議を重ねているという。

2019年iPhoneの仕様はまだ不明だが、生体認証としてFace IDを引き続き採用するとみられる。しかし、ノッチをなくすことでどのようにTrueDepthカメラやフロントカメラ、およびセンサー類を配置し、完全なベゼルレスを実現するかはまだわかっていない。

ET Newsでは、OLEDパネルに穴を開けるか、またはブラックマトリクス領域を使用するのではないかと推測している。

 

Source:ET News via 9to5Mac

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう