スポンサーリンク

Huawei、トリプルカメラ搭載Huawei P20/P20 Proを発表

Huaweiは3月27日、フランス・パリでプレスイベントを行い、新フラグシップスマホ「Huawei P20」「Huawei P20 Pro」を発表した。

両モデルとも、アスペクト比18.7:9のノッチディスプレイとベゼルレスデザインを採用。また初となるトリプルカメラ、最大5倍のハイブリッドズーム、スーパースローモーション、AIカメラ機能の強化などフラグシップの名にふさわしいデバイスとなっている。

 

スポンサーリンク

Huawei P20 Pro

6.1インチのノッチディスプレイ

前面には「FullView Display」と呼ぶアスペクト比18.7:9の6.1インチ OLEDディスプレイを搭載。トップベゼルを狭小化するとともに、iPhone Xのようなノッチを備えることで、画面占有率を向上。ノッチ内にはフロントカメラやセンサー、レシーバーを収容、ボトムベゼルには指紋センサーが装備する。

3つのレンズとAIでカメラ機能を強化

Huawei P20 Proの目玉機能はなんといってもカメラだろう。メインカメラは世界初となるライカと共同開発のトリプルカメラを搭載。トリプルカメラは、40MPのRGBセンサーと20MPのモノクロセンサーに加えて、最大3倍の光学ズームと最大5倍のハイブリッドズームを可能にする望遠レンズ内蔵8MPセンサーで構成される。

40MPセンサーには1/1.7インチの大型センサーと1.15μmピクセルサイズ、さらにデジタル一眼レフに匹敵する最大ISO102400を備えることで、夜景や室内などの低照度下での撮影を大幅に改善。明るくノイズの少ないクリアな写真を撮影可能になった。

Mate 10シリーズで搭載されたAI機能は強化され、夜間撮影でも三脚無しで長時間露光が可能なHuawei独自の手ぶれ補正技術「Huawei AIS( AI Image Stabilization)」、被写体の動きを予測してあらかじめフォーカスを合わせる「4D Predictive Focus」、肌の色や輪郭を調整する「AI Beautification」を搭載。

「Master AI」と呼ぶシーン認識機能は犬や猫、食べ物、文書、青空など19のカテゴリと500以上のシーンをリアルタイムに認識し、初心者でもプロ並みの写真が撮影できるよう自動で調整される。

ほか、960fpsスーパースローモーション機能、3Dポートレートライトを搭載する。

主なスペック

スペックは、Mate 10で搭載されたNPU(Neural Prosessing Unit)を内蔵するKirin 970オクタコアプロセッサ、メモリには6GB RAM、128GB ROM、高速充電対応の4,000mAhの大容量バッテリーを搭載。

OSにはAndroid 8.1 OreoとカスタムUI EMUI 8.1を搭載する。また、Googleと提携して、高度なAR機能を体験できるARCoreをサポートする。そして、残念ながらイヤホンジャックとmicroSDスロットは非搭載となる。

カラーバリエーションは、トワイライト、ピンクゴールド、ミッドナイトブルー、ブラックの4色展開。価格は899ユーロ(約11万8000円)で、間もなくの発売となる。

 

Huawei P20

Huawei P20はデザインはP20 Proと変わらないが、やや小型の5.8インチ FullView Displayを採用する。しかし、P20 ProのOLEDパネルとは異なり、液晶パネルを採用する。

リアカメラはライカブランドの16MP RGBセンサーと20MP モノクロセンサーを装備するデュアル構成。P20 Pro同様、Huawei AIS、4D Predictive Focus、AI Beautification、スーパースローモーションなどをサポートする。

スペックはKirin 970、メモリは4GB RAM、128GB内蔵ストレージ、高速充電対応の3,400mAhバッテリーを搭載。OSは同じくAndroid 8.1 OreoとEMUI 8.1を搭載し、ARCoreをサポートする。そして、P20 Pro同様、イヤホンジャックとmicroSDスロットは非搭載。

カラーバリエーションは、トワイライト、ピンクゴールド、ミッドナイトブルー、ブラック、シャンパンゴールドの5色展開。価格は649ユーロ(約8万5000円)。

 Huawei P20Huawei P20 Pro
OSAndroid 8.1 Oreo + EMUI 8.1
ディスプレイ5.8インチ アス比18.7:9(2240 x 1080)RGBW液晶6.1インチ アス比18.7:9(2240 x 1080)OLED
プロセッサKirin 970 オクタコア
RAM4GB6GB
ストレージ128GB
メインカメラ20MP(モノクロ/F1.6) + 12MP(RGB/F1.8)40MP(RGB/F1.8)+ 20MP(モノクロ/F1.6) + 8MP(望遠/F2.4)
フロントカメラ24MP(F2.0)
ネットワーク2G/3G/4G LTE
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac 2.5GHz + 5GHz
Bluetoothv4.2
NFC
生体認証指紋、顔
バッテリー3,400mAh(SuperCharge対応)4,000mAh(SuperCharge対応)
その他デュアルSIM
USB Type-C
IP53 防水防塵IP67 防水防塵
カラーバリエーションブラック/ミッドナイトブルー/トワイライト/ピンクゴールドブラック/ミッドナイトブルー/トワイライト/ピンクゴールド
サイズ149.1 x 70.8 x 7.65 mm155 x 73.9 x 7.8 mm
重さ165g180g

 

PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate RS

Porsche Designとのコラボモデル「PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate RS」も同時に発表された。Mateの冠しているが、基本スペックはP20 Proに準じており、P20シリーズの最高級プレミアムモデルに位置する。

前面にはノッチのないアスペクト比 18:9の6インチ QHD+AMOLEDを搭載。そしてHuawei初のディスプレイ指紋センサーを搭載。画面に指を乗せるだけでロックを解除が可能。だが、背面には従来の指紋センサーも搭載されている。

カメラにはP20 Proと同じく、40MP+20MP+8MPのトリプルカメラと24MPフロントカメラを搭載。プロセッサにはKirin 970オクタコア、メモリには6GB RAM、ストレージには256GBモデルと512GBモデルが用意される。ほか、4,000mAhのバッテリーを搭載し、SuperChaege高速充電に加え、Huaweiデバイスとして初めてワイヤレス充電をサポートする。

カラーバリエーションはブラックとレッドの2色展開。価格は256GBモデルが1,695ユーロ(約22万2000円)、512GBモデルが2,095ユーロ(約27万4000円)と価格もプレミアムとなっている。

 

Source:Huawei

スポンサーリンク