スポンサーリンク

Huawei P20の詳細なスペックが判明。20MP+16MPのデュアルカメラ

いよいよカウントダウンに入ったHuawei P20発表イベント、先日、ドイツのIT系情報サイト WinFutureにより、プレミアモデルとなる「Huawei P20 Pro」の詳細なスペックが判明し、40MPイメージセンサーを持つトリプルカメラや、最大5倍ハイブリッドズーム、960fpsのスーパースローモーション機能などが明らかとなった。

今回、WinFutureは標準モデルに位置するP20の詳細なスペックと機能を伝えている。

 

スポンサーリンク

スペック

  • ディスプレイ:5.8インチ フルHD+(2240 x 1080)液晶
  • プロセッサ:Kirin 970オクタコア
  • メモリ:4GB RAM/128GB ROM
  • リアカメラ:20MP+12MP デュアルカメラ
  • フロントカメラ:24MP
  • バッテリー:3,400mAh(高速充電対応)
  • OS:Android 8.1 Oreo + EMUI 8.1
  • サイズ:149 x 71 x 7.65 mm
  • 重さ:165g

 

P20 Proとの違い

主要スペックはP20 Proとほぼ同じだが、異なる点がいくつか存在する。

まずP20のディスプレイには、P20 Proよりも小型な5.8インチを搭載。OLEDパネルではなく液晶パネルを採用する。そのため、Always On Display機能には対応しないと思われる。ディスプレイ上部にはノッチを備え、レシーバー、フロントカメラ、センサー類を収容する。

カメラ面では、P20 Proのセールスポイントであるトリプルカメラは搭載されず、ライカブランドの20MP モノクロセンサーと12MP RGBセンサーで構成されるデュアルカメラを搭載。最大2倍のハイブリッドズームが可能。機能面ではP20 Proと同じく、720Pでの960fpsスーパースローモーションやLight Fusionを備える。

プロセッサは同じKirin 970を搭載するが、メモリ容量はP20 Proよりも少ない4GBとなり、サイズがコンパクトな分バッテリー容量も3,400mAhと小さくなっている。また、IP67準拠の防水防塵機能は備えていないという。

最後に、P20 Proと同様、microSDカードスロットとイヤホンジャックは非搭載となる。そのため、ストレージ容量の拡張はできない。ヘッドホンに関してはUSB Tyep-C ー イヤホンジャック変換アダプタが付属するという。

 

Source:WinFuture

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう