スポンサーリンク

次期5.8インチiPhone X、コスト削減で低価格化を実現か

昨年発売されたApple「iPhone X」はTrueDepthカメラや有機EL(OLED)など、新機能を搭載し話題を呼んだ。しかし、一方で価格が大幅に上昇したことから、当初の予測よりも販売台数が下振れたとも言われている。

その二の舞を避けるためか、今年後半に発売される予定の次期iPhoneでは現行モデルよりも価格を下げる可能性があると台湾メディア DigiTimesは報じている。

 

スポンサーリンク

5.8インチiPhone Xは低スペックな廉価モデルに

2018年のiPhoneは、既存の5.8インチiPhone Xの後継モデルと、より大型の6.5インチOLED搭載「iPhone X Plus」、そして液晶パネルを搭載し廉価モデルとなる6.1インチiPhoneの全3機種になると言われている。

DigiTimes Reserchのアナリスト Luke Lin氏によると、次期5.8インチiPhoneの部品コストを10%以上削減することで、3モデルの中で最も安価なモデルに位置づける可能性があるという。さらに、メモリ容量の少ない5.8インチiPhoneもテストされており、6.1インチiPhoneよりもスペックを下げる可能性もあると主張している。

 

5.8インチ液晶iPhoneは開発中止

また、Appleは5.8インチの液晶搭載iPhoneの開発も進めていたが、2月中旬からそのプロジェクトが中断しており、開発中止となった可能性があるとも述べている。その理由として、Appleは最近、次期iPhoneのOLEDパネルの交渉でSamsung Displayと合意し、コスト面で満足できる条件を獲得したようだとLin氏は指摘している。

 

Source:DigiTimes via 9to5Mac

スポンサーリンク