スポンサーリンク

OPPO R15/R15 DMEがTENAAの認証を通過。詳細なスペックが判明

間もなく発表されると見られるOPPOの次期フラグシップスマホ「OPPO R15/R15 Dream Mirror Edition(DME)」。そのR15シリーズとみられるデバイスが先月末、中国の認証機関TENAAを通過しているのが確認された。

 

スポンサーリンク

R15シリーズのスペックが判明

今回確認されたのはモデル名「OPPO PACT00/PACM00」「OPPO PAAT00/PAAM00」で、前者はR15、後者はR15 DMEと見られる。TENAAに掲載されているデータから両モデルの詳細なスペックと実機画像が明らかとなった。

OPPO R15

  • ディスプレイ:6.28インチ フルHD+(2280 x 1080)AMOLED
  • プロセッサ:2GHzオクタコア
  • メモリ:6GB RAM
  • ストレージ:128GB(microSD対応)
  • リアカメラ:16MP+5MPデュアル
  • フロントカメラ:20MP
  • バッテリー:3,365mAh
  • OS:Android 8.1 Oreo
  • 本体サイズ:155.1 x 75.2 x 7.4mm
  • 重さ:174g

OPPO R15 DME

  • ディスプレイ:6.28インチ フルHD+(2280 x 1080)AMOLED
  • プロセッサ:2.2GHzオクタコア
  • メモリ:6GB RAM
  • ストレージ:128GB(microSD対応)
  • リアカメラ:16MP+20MPデュアル
  • フロントカメラ:20MP
  • バッテリー:3,300mAh
  • OS:Android 8.1 Oreo
  • 本体サイズ:155.3 x 75 x 7.5mm
  • 重さ:175g

どちらも外観は変わらず、6.28インチの切り欠きディスプレイを搭載し、アスペクト比は19:9と通常の縦長ディスプレイよりもやや縦に長い。背面にはデュアルカメラと指紋センサーを備える。

R15とR15 DMEの主な違いはプロセッサとリアカメラにあるようだ。プロセッサ名は記載されていないが、噂ではMediaTekが「MWC 2018」で発表したHelio P60やQualcommの未発表プロセッサSnapdragon 670などの名前が出ている。

 

Source:TENAA(1 , 2 , 3 , 4) via GizmoChina

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう