スポンサーリンク

Samsung、Galaxy Note 9の発表を7月に前倒しか

Samsungは次期フラグシップスマホ「Galaxy Note 9」の開発を進めているとみられるが、もしかすると早ければ7月中にも発表されるかもしれない。

 

スポンサーリンク

4月からOLEDパネルの量産を開始

韓国の経済メディア The Investorによると、Note 9は例年よりも発表を早め、7月~8月上旬になる可能性があると報じた。Samsungは例年、6月頃からNoteシリーズ向けOLEDパネルの量産を開始するが、今年は例年よりも2ヶ月早い4月にもNote 9向けOLEDパネルの量産を開始するという。

また、Note 9のディスプレイサイズは6.38インチになり、Note 8の6.32インチよりもやや大型化する模様。しかしながら、長い間噂されているディスプレイ内蔵指紋センサーの搭載は、やはり見送る方向であるとも伝えている。

 

早期発表でAppleを牽制

Appleは昨年、TrueDepthカメラの量産の遅れから「iPhone X」の発売を9月から11月に延期せざるを得なかった。しかし、今年は例年通り9月に発売されるとみられ、SamsungはNote 9を先行して発表することで、次期iPhone Xを牽制する狙いがあると考えられる。

 

Source:The Investor

スポンサーリンク