スポンサーリンク

シャープ、世界最小を謳う6インチスマホ AQUOS S3を発表

シャープは3月27日、台湾で新6インチスマートフォン「AQUOS S3」を発表した。価格は11,990台湾ドル(約4万4000円)で4月1日の発売予定。

AQUOS S3 は、昨年夏に発表された「AQUOS S2」の後継モデル。特徴だったベゼルレスデザインを更に進化させ、6インチスマホとして世界最小サイズを実現。加えて、iPhone Xのようなノッチディスプレイやデュアルカメラ、AIカメラ機能などを搭載したアップグレードモデルだ。

 

スポンサーリンク

画面占有率91%のベゼルレススマホ

外観はナノコーティングを施したアルミニウム合金フレームと、液体のような滑らかな光を演出する3D曲面ガラスを採用。前面にはシャープ独自のFFD(フリーフォームディスプレイ)技術を用いたアスペクト比18:9の6インチ液晶ディスプレイを搭載。

AQUOS S2よりボトムベゼルを狭小化することで、画面占有率を91%に向上。また、6インチスマホとして最小サイズを実現した。ディスプレイはsRGB比135%の広色域、コントラスト比1500:1、最高輝度550nitにより、より忠実でより色鮮やかに色彩を再現する。

 

AIによるカメラ機能

背面左上には縦並びのデュアルカメラを備える。12MPセンサーと13MPセンサーを搭載し、最大2倍の光学ズームが可能。フロントカメラは16MPセンサーを採用。顔の1,024の特徴を解析し、自然な肌表現に調整する「AIメークアップモード」や、背景をぼかしたセルフィー撮影ができる「AIポートレートモード」を搭載する。

背面中央には指紋センサーを搭載。それに加えて、顔の1,024の特徴を解析し、従来よりも信頼性を向上したAI顔認証機能を採用。0.1秒でのロック解除が可能だという。

 

主なスペック

スペック面では、プロセッサにSnapdragon 630オクタコアチップセット、メモリは4GB RAM、64GB ROM、OSはAndroid 8.0 Oreoを搭載。バッテリーは3,200mAhでQualcommの高速充電規格 Quick Charge 3.0をサポートする。カラーバリエーションはブラックのみ。

 AQUOS S3
OSAndroid 8.0 Oreo + Smile UX
ディスプレイ6インチ アス比18:9 フルHD+(2160 x 1080) 液晶
プロセッサSnapdragon 630オクタコア
RAM4GB
ストレージ64GB(最大128GBのmicroSDカード対応)
フロントカメラ16MP(F2.0)
リアカメラ13MP+12MP(F1.75) デュアルカメラ
ネットワーク2G / 3G / 4G LTE
ワイヤレスIEEE 802.11 a/b/g/n/ac 2.4+5GHz
BluetoothV5.0
NFC
生体認証指紋、顔
バッテリー3,200mAh(Quick Charge 3.0対応)
その他デュアルSIM(microSD排他)
USB Type-Cポート
カラーバリエーションブラック
サイズ148.2 x 74.2 x 7.9 mm
本体重量165.4g

 

Source:Sharp Mobile via 手機王

スポンサーリンク