スポンサーリンク

Xiaomi Mi 7と見られるデバイスがベンチマークに登場

ベンチマークアプリ Geekbenchに「Xiaomi Dipper」と呼ばれるXiaomiの新デバイスが登場したことが確認された。このデバイスはXiaomiのフラグシップスマホ「Xiaomi Mi 7」と思われ、Snapdragon 845を搭載することが確認できる。

 

スポンサーリンク

SDM845搭載を確認

XiaomiはMiシリーズのコードネームに星(星座)の名前を使用することで知られる。例えば、Mi 6はSagit(射手座)、Mi 5SはCapricorn(山羊座)、Mi 5にはGemini(双子座)を使用していた。このことから、Dipper(Big Dipper:北斗七星)は「Mi 7」と推測される。

Geekbenchの情報から見られるように、Xiaomi DipperにはSnapdragon 845チップセット、6GB RAM、Android 8.0 Oreoを搭載している。スコアはシングルコアで2449ポイント、マルチコアでは8309ポイントを記録。これは同じSnapdragon 845版Samsung Galaxy S9のスコア(シングル:2422、マルチ:8351)と近い値を示している。

 

スペックの噂

これまでの報告では、OLEDディスプレイを搭載し、Always-On-Displayやワイヤレス充電をサポートすることが示唆されている。発表時期は6月になると伝えられている。

 

Source:Geekbench via Playfuldroid!

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう