スポンサーリンク

Apple、6.1インチiPhoneで3D Touch機能を省略か。将来的に完全に廃止とも

Appleが今秋発売を予定している次期iPhoneラインナップのひとつ「6.1インチ液晶iPhone」では、コスト削減のため3D Touch機能が非搭載となるかもしれない。Apple関連の予測でおなじみのKGI証券のアナリスト Ming-Chi Kuo氏が投資家向けに報告した。

 

スポンサーリンク

新方式のタッチ入力センサーを導入か

Kuo氏によると、6.1インチ液晶iPhoneではタッチ入力方式を、現行のディスプレイ組込式である「インセル型タッチパネル」から、カバーガラスに薄膜センサーを追加する「カバーガラスセンサー(CGS)」方式に変更する見込みだという。

CGS方式の採用により、従来よりも耐衝撃性と軽量性に優れたディスプレイになるという。だが、従来のインセル型タッチパネルと比較して15%のコスト増となり、本体価格が23ドル~26ドル(約2,500~2,800円)高くなる模様。

そのコスト増を相殺するため、Appleは6.1インチ液晶iPhoneから3D Touch機能を省略するつもりのようだ。一方、同じく今秋発売が予定されている5.8インチ/6.5インチ OLED iPhoneでは、引き続き3D Touch機能を搭載するとのこと。

 

2019年には3D Touchを完全廃止とも

しかし、将来的には3D Touch機能が完全に廃止されるかもしれない。2019年に発売が予定されているiPhoneでは、OLEDモデルを含む全てのiPhoneにCGS方式を採用するとみられ、そのため3D Touch機能が完全に廃止される可能性があるとも報告している。

この動きはAppleが将来導入を目指しているとされるタッチレスジェスチャー機能への移行を本格化させるものではないかとも推測している。

 

Source:feng via MacRumors

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう