スポンサーリンク

Appleの次期プロセッサ A12はTSMCの7nmプロセスで製造

今秋発売予定の次期iPhoneシリーズに搭載が見込まれる次期ハイエンドSoC「A12」は、7nmプロセスで製造される予定だと、台湾メディア Digitimesが報じた。

 

スポンサーリンク

初の7nm量産SoC

TSMCは、Apple A12と呼ばれる2018年iPhone向けモバイルSoCの製造を受注する見込みだという。A12は最新の7nmプロセスで製造される予定で、7nmプロセスとして初の量産SoCになる見込み。

昨年モデルの「iPhone 8/8 Plus」及び「iPhone X」に搭載されている「A11 Bionic」は、TSMCの10nmプロセスで製造されていることから、微細化が進むことになる。プロセス微細化により、さらなる高速化と省電力化が期待される。

 

7nmにより過去最高利益を達成か

TSMCは先週19日に行った決算で、スマートフォンの需要低迷や仮想通貨におけるマイニング市場の不確実性の高まりから、2018年の売上予測を10~15%下方修正した。それにもかかわらず、7nmプロセスのおかげで過去最高利益を上げる可能性があると業界筋は指摘する。

TSMCは下半期に7nmプロセスの量産を徐々に増やす予定で、7nmプロセスによる収益率は2018年内に20%に達し、年間売上高を約10%上回るとの観測も出ている。

 

Source:Digitimes via MacRumors

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう