スポンサーリンク

Apple、次世代iPhoneにタッチレスジェスチャーやカーブディスプレイを開発中か

iPhoneは近い将来、画面に触れなくても操作することが可能になるかもしれない。Appleは、タッチレスジェスチャーコントロールと曲面ディスプレイを、次世代のiPhoneへの搭載を目指して開発に取り組んでいると、米Bloombergが報じた。

 

スポンサーリンク

指をかざすだけで操作が可能に

Apple関係筋によると、ユーザーが画面をタップすることなく、指を近づけるだけでiPhoneを操作できる「タッチレスジェスチャー機能」の研究開発を進めているという。

Samsungは2014年に発売した「Galaxy S4」で「Air Gesture」と呼ぶジェスチャー機能を搭載した。手をデバイスにかざすことで通知を表示したり、上または下に振ることでWebページをスクロールすることができるというもの。

これはデバイスに近接センサーとジェスチャーセンサーを搭載することで実現した。だが、Appleは何らかのセンサーを組み込むのではなく、ディスプレイに組み込む技術で実現するという。ただ、この技術ではAir Gestureよりも手を画面に近づける必要があるだろうと述べている。

カーブディスプレイは、Samsung Galaxyシリーズのような左右のエッジがカーブしたものではなく、上から下に向かって内側に緩やかにカーブするものだという。

これらの新技術は、ますます競争が激化するスマホ市場での差別化を図る狙いがあると分析している。ただ、どちらも初期の研究開発段階にあり、実装には早くても2~3年はかかるだろうと述べている。また開発を中断する可能性もあるという。

 

Source:Bloomberg via MacRumors

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Appleapple, iPhone

Posted by emon