スポンサーリンク

Apple、Mac向けCPUを2020年にも独自CPUへ移行か

AppleはMac向け独自CPUの開発に乗り出しているようだ。米Bloombergは業界筋の話として、Appleが現在iMacやMacBookに搭載しているIntel CoreシリーズCPUから、独自開発のCPUへの移行を計画しており、早ければ2020年初頭の導入を目指して開発を進めていると報じた。

 

スポンサーリンク

Appleデバイス間のシームレス化を実現

このプロジェクトは「Kalamata」と内部で呼ばれており、まだ計画の初期段階にあるという。独自CPUを採用することで、MacやiPhone、iPadなどAppleデバイス同士がシームレスに動作するクロスプラットフォームを確立する狙いがあるとみられる。

また、Intelのロードマップに左右されることなくスピーディに新製品や新機能を導入することも期待される。ただ、移行は段階的に行われると予想され、今後の計画次第では延期や中止もあり得るとも伝えている。

クロスプラットフォーム化についてはこれまでも噂されており、Bloombergは今年はじめにiOSアプリが動作可能になる新MacOSバージョン「Maczipan」を開発しており、MacやiPhone、iPadなどのプラットフォーム間の境界線を取り除く計画だとも報じていた。

Appleはすでにセキュリティ認証機能のためにARMベースのT1/T2コプロセッサを最新のMacBook ProおよびiMac Proに導入している。また、今後リリースされるMac Proや次期MacBookにも導入される予定だという。

 

Source:Bloomberg via 9to5Mac

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Appleapple, Intel, Mac

Posted by emon