スポンサーリンク

Huawei、11月にも折りたたみスマホを発表か

Huaweiは、フレキシブルOLEDパネルを採用する折りたたみ式スマートフォンを、今年11月にも発表する見通しだと韓国の経済メディア ETNewsが報じた。Samsungに先んじて発表することで「世界初」の称号を獲得し、スマホ市場におけるHuaweiのブランド価値をより一層高める狙いがあるとみられる。

 

スポンサーリンク

LG製フレキシブルOLEDを採用か

業界関係筋によると、Huaweiは最近、折りたたみ式関連技術を有する部品・素材メーカーと秘密保持契約を締結したとのこと。折りたたみ式スマホの鍵となるディスプレイには、LGディスプレイのフレキシブルOLEDパネルを採用するとみられる。

LGディスプレイは、2019年の量産を目標にフレキシブルOLEDの開発に取り組んでいる。モバイル向けOLED最大手 SamsungディスプレイもフレキシブルOLEDを開発しているが、Samsungよりも先に競合メーカーへの供給に難色を示す。BOEなど中国メーカーも開発を進めるが、まだプロトタイプの生産にもこぎつけず、開発が難航している。

 

市場勢力図を変える

この折りたたみ式スマホは、上海にあるHuawei R&Dセンターの最高技術責任者(CTO)が直接主導しており、同社の最重要プロジェクトであることが伺える。このプロジェクトの関係者は「Samsungよりも先に完成度の高い折りたたみスマホを公開することで、スマホ市場の勢力図を塗り替える」と意気込む。

ただ、公開後すぐに発売されるかは不透明で、発表後、UXやアプリなどに関して市場の様々な意見を伺い、量産モデルに反映させると予想される。

 

Source:ETNews

スポンサーリンク



HuaweiHuawei

Posted by emon