スポンサーリンク

iPhone Xゴールドモデルは存在していた。FCC提出資料から公式に確認

Appleが米連邦通信委員会(FCC)に提出した資料から、iPhone Xゴールドモデルの存在が明らかとなった。Apple関連の情報サイト MacRumorsが伝えている。

 

スポンサーリンク

iPhone X ゴールドモデルを確認

資料には、複数の角度から撮影されたiPhone Xゴールドモデルの画像が含まれている。これは、昨年9月に発売された iPhone 8/8 Plusと同じゴールドのガラスパネルとフレームを採用したiPhone Xの姿である。

これらは2017年9月に提出されたもの。資料の多くは提出後直ちに公開されているが、写真やその他機密情報には180日の機密保持条項が適用され、未公開となっていた。今回その180日の機密保持期間が終了したことで、FCCにより公開された。

資料提出の時期を鑑みれば、Appleはスペースグレー、シルバー、ゴールドの3色を発売する計画だったことは間違いないだろう。しかし、最終的に何らかの理由により、発表イベント前にゴールドモデルの発売中止を余儀なくされたようだ。

Appleがまだゴールドモデルの発売を計画しているかはわからないが、最近のリーク情報によると、iPhone Xの売上回復のカンフル剤として、新色の導入を計画していると噂されている。もしこの情報が正しければ、6月のWWDCで発表されるかもしれない。

 

Source:MacRumors

スポンサーリンク