スポンサーリンク

LG G7の実機画像がリーク。名称は「LG G7 ThinQ」に

海外の技術系サイト TechRaderは、LGの次期フラグシップスマホの実機画像を独占入手し、「LG G7 ThinQ」と呼ばれることを明らかにした。

 

スポンサーリンク

AIボタンを搭載し5月発売予定

リークされた画像はデバイスの起動画面が写っており、「LG G7 ThinQ」と表示されている。LGは2月にAIカメラ機能を導入した「LG V30S ThinQ」を発表したが、G7もこのThinQの名を継承していることから、AIカメラ機能をサポートすると思われる。

また、デバイス情報が記載されている画像から、モデル名が「LG-G710TM」であることが確認できる。

外観はケースに覆われおり、正確なデザインを確認することはできないが、ディスプレイ上部にノッチを備えていることは明らかだ。ノッチ内にはフロントカメラとレシーバー、通知LED、センサー類が収容されているという。

また、右側面には電源ボタン、左側面にはAIボタンが装備されていると伝えている。ただこのAIボタンは、Samsung GalaxyシリーズのBixbyボタンのようなもではなく、AIカメラ機能を起動するものになる可能性があるという。

G7 ThinQのスペックについて、リーク元は6.1インチディスプレイ、Snapdragon 845チップセット、4GB RAM、64GB内蔵ストレージを搭載すると述べているという。また、G7は米国でテストの初期段階にあり、5月の発売を予定しているとも伝えている。

 

Source:TechRadar via The Verge

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう