スポンサーリンク

NTTドコモ、4段階定額新料金プラン「ベーシックシェアパック」「ベーシックパック」を発表

NTTドコモは4月27日、毎月のデータ使用量に応じた料金が自動的に適用される新料金プラン「ベーシックシェアパック」と「ベーシックパック」を発表した。5月25日から受付を開始する。

 

スポンサーリンク

データ量に応じて料金が決定

「ベーシックシェアパック」と「ベーシックパック」はデータ使用量に応じて自動的に4段階の定額料金が適用されるのが特徴。

そのため、これまでデータ使用量の少ない月でも契約プランに応じた料金を支払わなければならなかったが、新料金プランでは、データ使用量に応じて料金が決定するため、これまでよりも割安になる。

ベーシックシェアパック

ベーシックシェアパックの場合、~5GBで6,500円、~10GBで9,000円、~15GBで12,000円、~30GBで15,000円。

ベーシックパック

ベーシックパックでは、~1GBで2,900円、~3GBで4,000円、~5GBで5,000円、~20GBで7,000円。

割引サービスも適用可能

新料金プランは、家族間通話が無料となる「シンプルプラン」や、対象端末を購入すると毎月の利用料金が1,500円割引される「docomo with」、長期利用者向け会員プログラム「ずっとドコモ割プラス」が適用可能。

それらを適用することで、家族3人でベーシックシェアパックを契約するユーザー場合、最安で一人あたり月1,980円から、ひとりでベーシックパックを契約するユーザーの場合、最安で月2,480円から利用できると、その安さをアピールする。

 

現行プランは受付終了

なお、新サービスの提供に伴い、「シェアパック5/10/15」「ビジネスシェアパック5/10/15」「データSパック」「データMパック」の新規契約申込みを5月24日をもって終了する。現在契約中のユーザーは引き続き利用できる。

 

Source:NTTドコモ

スポンサーリンク